英会話をしてみよう♪英語が通じる海外の島4選!

投稿者: saito 投稿日:

今回は、旅行におすすめの海外の島をご紹介したいと思います!可能なら、勉強が生かせる英語が通じる島に行ってみたいですね!

 

グアム

日本から比較的近く、そしてハワイより行きやすい英語圏の島と言えばグアム。米国の領土であるため、島中で英語が話されています。英語では「Guam」と呼びます。

グアムにはチャモロという先住民が住んでおり、彼らの伝統料理であるチャモロ料理は大人気。中でもお勧めは「レッドライス」(red rice)。食べやすくておいしいですよ!

 

Guam has good scenery and good food.

 

グアムは景色もいいが料理もおいしい。

 

DATA

グアム(Guam)

所属:アメリカ合衆国(United States of America)

飛行機往復代(成田発):約35000円~

一泊宿泊費:約15000円~

 

サイパン

続いてサイパン。英語ではSaipanと書きます。サイパンはグアムのやや南に位置します。この島はグアムより静かな島で、落ち着いて過ごしたい方にお勧めです。旧日本軍が基地を置き戦地になった歴史も持つ、世界史の舞台にもなった島でもあります。

ここはやはりダイビングが人気です。美しい珊瑚礁を、落ち着いた雰囲気の中行ってみませんか?

 

Saipan is good for diving.

 

ダイビングをするならサイパンがいいよ。

 

DATA

サイパン(Saipan)

所属:アメリカ合衆国(United States of America)

飛行機往復代(成田発):約45000円~

一泊宿泊費:約8000円~

 

ママヌザ諸島

続いて南国の隠れたリゾートスポット、フィジーのママヌザ諸島(Mamanuca islands)をご紹介いたします。

ここは昨年成田からの直行便が通ったことでかなり行きやすくなりました。日本人が少ないということもあり、異国情緒を最も楽しみたいのならこの島が良いかもしれません。元英領だったこともあり、この島では綺麗なイギリス英語が話されているので勉強にもなりますよ。

 

The hidden resort will be Fiji.

 

隠れたリゾートはフィジーだろう。

 

DATA

ママヌザ諸島(Mamanuca Islands)

所属:フィジー共和国(Fepublic of Fiji)

飛行機往復代(成田発):約60000円~

一泊宿泊費:約20000円~

 

セブ島

語学留学でも利用されるフィリピンのセブ島(Cebu island)は、物価が安く長期滞在に向いています。フィリピンの安い物価と一番の治安が、人々をひきつけているのです。

ここでは安い合宿所などを利用した英語研修などもあります。一度行ってみても面白いかもしれません!

 

If you go to study English, maybe Cebu is good?

 

英語を勉強しに行くなら、セブ島がいいかもよ?

 

DATA

セブ島(Cebu island)

所属:フィリピン共和国(Republic of Philippines)

飛行機往復代(羽田):約60000円~

一泊宿泊費:約3000円~

 

以上、英語が使える、楽しめる海外の島の紹介でした!

 

海外旅行でも役立つ!

子供専用オンライン英会話ワールドアイキッズ

お子様にも始めやすい子供専用のオンライン英会話サービスです。

無料体験レッスン実施中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA