いろんな「世界一」を調べてみた!【地理編】

投稿者: saito 投稿日:

様々な「世界一」。有名なのもありますが、実はあまり知られていない世界一もあったりします。今回はそんな様々な世界一の中でも、地理にまつわるものを集めてみました!

1、世界で一番標高が高い、低い

世界で一番高いとされる山は、あの有名なエベレストです。英語では「Everest」と書きます。現地の呼び方であるチョモランマ(Chomolungma)と呼んでも良いそうです。高さは堂々の8848m。数多の登山家の目標である「聖なる山」である一方、吹雪や滑落によりたくさんの命を奪ってきた「死の山」でもあります。

対して、世界で一番低いところはイスラエル・ヨルダンに跨る死海(Death sea)の周辺です。マイナス400mの深さとなっており、観光スポットにもなっています。

 

I wish I could climb Everest once.

一度でいいがエベレストに登ってみたい。

 

2、世界で一番長い鉄道、短い鉄道

世界で一番長い鉄道は、シベリア鉄道(Siberian Railway)です。全長約9297km。ロシアの首都モスクワから、日本海に面するウラジオストクまでを繋ぎます。飛行機の発明まで、ユーラシア大陸を横断する最速の手段はこのシベリア鉄道でした。

対して、世界一短い鉄道は、アメリカのロサンゼルスにあるエンジェル・フライト(Angel flight)となります。全長99m。丘のふもとから上へと登るために、1911年に整備されたもののようです。ロープウェイのようなものですね。

 

I’m going to go to Moscow using the Siberian Railway.

シベリア鉄道を使って、モスクワまで行こうと思うんだ。

 

3、世界で一番大きな島、小さな島

世界で一番大きな島は、デンマークのグリーンランド(Gleenland)。北極海に位置し、全面積の8割が氷で覆われる島となっています。名前の由来は、最初に島を見つけた人が「ここにたくさんの人が来ますように」という願いを込めて「緑の島」と名付けたことによります。

対して世界一小さな島は、日本の南端・沖ノ鳥島。満潮時には海面からわずか16cm程度となるほど小さく、日々荒波によって削られているのだそう。現在、日本政府による保護活動が活発に行われています。

 

The Aurora of Greenland seems to be beautiful.

グリーンランドのオーロラは美しいらしい。

 

4、世界で一番高い人工物、一番低い人工物

現在世界で一番高い建物は中東のアラブ首長国連邦・ドバイにそびえたつブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)。約820m、206階建てとなります。これはちょっとした豆知識ですが、1階から39階はアルマーニがホテルを経営しているそうです。

対して世界で一番深い穴(人間が行ける)は、南アフリカのタウトナ鉱山。地下約3.9kmまでの深さまで人間が行くことができます。地上から地下まで約一時間。辿り着いたとしても、そこは地熱により気温60℃の灼熱地獄なのだそうです。

 

I have seen Burj Khalifa in Dubai.

ブルジュ・ハリファをドバイで見たことがある。

 

5、世界で一番暑い場所、寒い場所

世界で一番高い記録を出した場所は、アメリカのデスバレー(Death Valley)です。「死の谷」の名の通り、夏の平均気温が50℃を超えることはザラで、その世界記録は56.7℃。この暑い時期には誰も来ないよと思うかもしれませんが、車の業者さんが集まってきます。暑さの耐久テストをするのだそうです。

対して最も寒い場所は南極(Antarctic)のボストーク基地で記録された約-93℃となります。この寒すぎる気候では空気中に水分が溶け込むことができず、ほぼ完全な乾燥状態になります。また標高3000m越えの環境も合わさり、ここに来ると頭痛、吐き気、睡眠不足、嘔吐、食欲不振、めまい、関節リウマチなど体中が悲鳴を上げます。

しかし、一週間から二か月ほどで人間はこの環境に順応することができるそうです。気候よりも人間のほうが怖いかもしれませんね。

 

Antarctica would be a scary place to go.

南極は行ってみたいが怖い場所だろう。

 

以上、いろいろな世界一を集めてみました!

 

世界を英語で学んでみよう

子供専用オンライン英会話ワールドアイキッズ

お子様にも始めやすい子供専用のオンライン英会話サービスです。

無料体験レッスン実施中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA