無料会員登録
ログイン

先生詳細情報

初級

事務局から先生についての一言

幅広い英語レベルの生徒を担当できるスキルを持っている先生ですが、先生のそのやさしく豊かな表情、語りかける声、振る舞いは、子供教育に関わる指導者としてたくさんの子供たちに英語の楽しさや可能性を伝える為に生まれてきたと言っても過言ではないほど、天性の素晴らしいタレントを兼ね備えていると感じています。最近ではJIP(Japanese Immersion Programというワールドアイキッズ独自の先生育成プログラム)のリーダーとしても活躍してくれており、日本の子供たちに英語を心から楽しんでもらいたく、子供たちとの交流においてプラスになる日本語、日本文化などを毎週学んでいる、誠実さフレンドリーさのバランスがとても良いこれから楽しみな先生の一人です♪

If you believe,You can achieve.

Madee(マディー)先生

プロフィール
性別 女性
出身大学 セントラル・フィリピン大学
専攻 薬学
趣味 読書、映画鑑賞、音楽鑑賞など
先生からの一言 皆さん、こんにちは!Madee(マディー)先生です。先生は英語を教えること、教育に対してとても関心が高い人です。先生がどんな人かシンプルに例えるならば、色んな特技を持っていて、また誠実であり、いつもポジティブに色んな新しいことにチャレンジする人だといえると思います♪レッスンで先生と共にして頂ける時間では、「楽しさ」を常に根底におき、有意義な時間を過ごして頂けるように努めますので、ぜひ一度レッスンを受けてみてくださいね(^^)
先生のQ&A
Q1:先生のレッスンに参加したらどんなメリットがありますか?
先生が本格的に英語の先生として子供さんから大人の方までのレッスンを担当し、それらの方の英話力UPに努めはじめたのが2015年の頃になります。英語をマスターしていく過程において、早いスピードで前進する方もいれば、ゆっくりと歩みを進める方もおられますが、周りは気にせずマイペースで着実に前進していただけますよう、先生が常に共にいますので心配はご無用です♪皆さんが既にお持ちの知識やスキルがあれば、それをより良い長所としていただけるよう磨きをかけて行きましょう!先生のレッスンでは多彩なコンテンツやカリキュラムをご用意してお待ちしていますし、先生はとても社交的でポジティブな正確なので、色んな発見や気づきをお持ちいただけるとおもいますよ。先生の方に生徒さんを押し込むのではなく、歌やダンスなどを始め皆さんが好きなことを通して、ぜひ想像力を広げていきましょね!
Q2:先生の日本に関する関心ごと、好きなことは?
先生がまだ10代だった頃の話ですが、既にフィリピンではセーラームーン、ドラゴンボール、そしてポケモンなどの日本のアニメが非常に人気があり、先生もそれらの虜になった一人です。また日本独特の四季にも興味があり、特に春の風物詩である桜、お花見はぜひ一度みてみた日本文化の1つです。また冬という季節もとても魅力を感じるものの1つで、北海道にいつか必ず訪れてみたいとおもっていますし、情緒あふれる場所や伝統的なスポットを、着物を着てめぐったりできたら素敵だとおもいます♪そして日本の方、日本食などに非常に興味があり、日本の方の振る舞いや礼儀正しさ、また日本食のおいしさや美しさなどは、世界一だと感じています!これらの素敵な文化に触れるため、いつか絶対に一度日本を訪れたいです。
Q3:先生が英語の先生になった理由・きっかけは?
何かを教えることに非常に関心が高く意欲的だった先生は、心に秘めたその強い意欲ややる気により、オンライン英会話の先生という今のお仕事につくことになりました。常に情熱をもって教えているのはもちろんですが、生徒さんとお互いを高め合い、生徒さんに自分自身のもっているすべてをお伝えできる機会を通して、いつもハッピーになることがっできます。外国語を身につけることは決して簡単なことばかりではないですし、葛藤や難しさにも遭遇するかと思いますので、諦めない継続的な努力や意思が大事になってきますが、だからこそ皆さんのために先生がここにいます♪皆さんの笑顔と幸せのために、先生が正しい方向にリードして行きますので、一緒に笑顔あふれる楽しい空間を創りましょう!

子どもたちや親御様に向けてのメッセージ

お子様と親御様、ワールドアイキッズでの受講を心から歓迎・感謝申し上げます♪皆さんとお互いのことを少しでも沢山知って、また皆さんにお役立ていただける知識やスキルを先生としてお伝えできたら光栄です。忍耐、粘り強さ、そして継続的な努力がご自身の目標やゴールを達成していただける鍵となる要素ですので、ぜひこれらを常に胸に秘め受講を続けていきましょう!英語を勉強しようとするのではなく、先生と一緒に英語を通していろんなことを楽しんでいきましょうね(^^)