【シリーズ・英語で好きを伸ばそう!】子供でもわかるスイーツ(ケーキ)

投稿者: HidaToyotaka 投稿日:

Pocket

皆さん、ケーキはお好きですか?

今回はケーキについて英語で学んでいきます!

ショートケーキ

ショートケーキは英語で「shortcake」ではありません。

「shortcake」でほとんど通じますが、正しくは「fancy cake」または「decorated cake」と表現します。

「fancy」と「decorated」のどちらも「飾られた」という意味があります。

また、「shortcake」の「short」は「短い」という意味ではありません。

「short」には「砕けやすい、もろい」という意味もあり、「shortcake」はこちらの意味で使われています。

皆さんがイメージする、イチゴが乗ったふわふわの生地のショートケーキは海外では主流ではありません。

ショートケーキの由来は、アメリカのお菓子と言われています。

そのお菓子はビスケットの上に生クリームが乗っていて、ポロポロとこぼれやすかったので「short」という名前がつけられました。

 

モンブラン

モンブランは英語で「Mont Blanc」と言います。

栗をふんだんに使ったケーキであるモンブランですが、その名前の由来は山から来ています。

アルプス山脈に位置する山・モンブラン。

この山の形に似せて作られたため、この名前がつけられました。

また、もし「Mont Blanc」で通じない場合は「Chestnut cream cake」と言ってみましょう。

「chestnut」は「栗」という意味の英語です。

 

タルト

タルトは英語で「tart」と言います。

tartの歴史は古代ローマまで遡ります。

古代ローマには、「torta(トールタ)」というお菓子がありました。

ジャムやクリームはそのままでは食べにくい。

そこで、食べられる容器に入れたのが「torta」です。

これがtartの始まりと言われています。

 

シフォンケーキ

シフォンケーキは英語で「chiffon cake」と言います。

「chiffon」は英語では「薄い絹織物」という意味があります。

シフォンケーキの生地がきめ細かく柔らかいことから、絹織物になぞらえて「chiffon」が使われるようになりました。

 

マドレーヌ

マドレーヌは英語で「madeleine」と言います。

マドレーヌの由来は女性の名前と言われています。

17世紀のフランス、グロンディという男性は料理人・マドレーヌを雇っていました。

グロンディは彼女が作る揚げ菓子が大好物だったと言います。

ある日、グロンディはマドレーヌにいつもとは違うお菓子を作って欲しいとお願いしました。

そして、マドレーヌが作り上げたお菓子に「madeleine」と名付けたということです。

 

以上、スイーツを英語で学んでみました!

 

英語でケーキを注文してみよう!

子供専用オンライン英会話ワールドアイキッズ

お子様にも始めやすい子供専用のオンライン英会話サービスです。

無料体験レッスン実施中!

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA