【シリーズ・英語で好きを伸ばそう!】子供でもわかる銀河!

投稿者: HidaToyotaka 投稿日:

Pocket

皆さんは宇宙に興味を持ったことはありますか?

子供の頃に星空を眺めながら、星や宇宙に関心を持った人も多いと思います。

また、お子さんが今まさに宇宙に興味を持っているという方々もいるでしょう。

そこで、今回は銀河について英語を交えてわかりやすく説明します!

ぜひ、親子で銀河・宇宙について学んでみてください。

銀河って何?

「銀河」という言葉自体はよく耳にしますが、銀河とは一体何なのでしょうか?

銀河とは、簡単にいうと星の集まりです。

宇宙には太陽のように自分で光を出して輝いている星(恒星)がたくさんあります。

この恒星がたくさん集まってできているのが銀河です。

銀河は英語で「Galaxy」と言います。

学校に例えると、それぞれのクラスが恒星、学校自体が銀河というイメージになります。

銀河の大きさはどれくらい??

銀河はどれくらいの大きさがあるのでしょうか?

宇宙のお話をするときには、よく「光年」という単位が使われます。

光年は英語で「light year」です。

これは距離を表す単位で、光が1年かけて進む距離を1光年としています。

私たちの地球が属してる銀河の大きさは直径10万光年と言われています。

つまり、銀河の端から端まで行くのに光でさえ10万年かかる距離です。

ちなみに、太陽から地球までの距離は0.00001581光年、分になおせば8分19秒。

銀河がどれくらい大きいかがよくわかると思います。

 

The size of galaxy is about 6.3 billion times bigger than the distance between the sun and the earth.
銀河の大きさは太陽と地球の距離の約63億倍です。

 

「〇倍」という表現には「times」を使いましょう。

「〇 times as 〜 as」や「〇 times 比較級 than」で「〇倍〜だ」と表現することができます。

銀河の種類

引用元:「SkyServer http://skyserver.sdss.org/edr/jp/proj/advanced/galaxies/characteristics.asp 」

宇宙には4種類の銀河があり、1,700億個以上の銀河が存在すると言われています。

・渦巻銀河(spiral galaxy

・楕円銀河(elliptical galaxy

・レンズ状銀河(lenticular galaxy

・不規則銀河(irregular galaxy

新しい星ができるためには星を作るためのガスやちりが必要となります。

このガスやちりが多い場合は渦巻銀河、少ない場合は楕円銀河やレンズ状銀河になります。

どれにも分類できないものは不規則銀河となります。

 

There are four kinds of galaxies in their shapes.
銀河の形には4つの種類があります。

 

「kind」には「親切な」といういう意味がありますが、「kind of 〜」で「〜の種類」という意味もあります。

天の川も銀河なの!?

毎年7月7日の七夕を迎えると、「天の川見えるかな?」「織姫と彦星はちゃんと出会えるかな?」といった話を聞きますね。

天の川は英語で「the Milky Way」と言います。

この天の川の正体は何なのでしょうか?

実は、天の川は銀河なんです。

私たちは地球に住んでいて、その地球は太陽の周りを回っているので太陽系というグループに属しています。

その太陽系は「天の川銀河」という銀河のグループに属しています。

恒星の集まりである天の川銀河を中から見たものが「天の川」なんです。

つまり、天の川は天の川銀河の一部ということになります。

 

In fact, the Milky Way is a part of the galaxy.
実は、天の川は銀河の一部です。

 

「In fact」は「実は」「a part of 〜」は「〜の一部」という意味です。

以上、銀河についてでした!

 

英語を話して将来は宇宙飛行士に!?

子供専用オンライン英会話ワールドアイキッズ

お子様にも始めやすい子供専用のオンライン英会話サービスです。

無料体験レッスン実施中!

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA